ニュース

イベント中止:オンワード樫山がマイケル・ジャクソンの絵画展 作品を題材に限定商品も販売

 
※下記イベントは、諸般の理由により中止となりました。

 オンワード樫山は、米国の世界的ポップスター、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の生前の絵画作品を展示する企画展を東京・代官山の「カシヤマ ダイカンヤマ(KASHIYAMA DAIKANYAMA)」で12月15日から開催する。

 企画展の名称は「キングスアート エキシビジョン(KINGSART EXHIBITION)」。マイケル・ジャクソンの “絵画アーティスト”としての活動に焦点を当て、1980年代後半から2002年までに描かれた作品の実物大レプリカを、世界で初めて展示する。マイケルの「ムーンウォーク」やダンスなど表舞台の活躍を象徴する絵画から、彼の内面を映し出したようなセルフポートレートまで、7つのテーマに沿って展示する。

 また、マイケルのアート作品をモチーフとしたデザインのTシャツやパーカ、ポスター、アートブックなどを、同会場と公式EC「オンワード・クローゼット(ONWARD CLOSSET)」で販売する。「オンワード・クローゼット」内に特設サイトを設け、一部商品の予約受け付けを開始した。

 会期は27日まで。同社は今後、マイケルのアートを題材にしたサブライセンス事業、商品のポップアップショップの出店なども計画しているという。「マイケルが生前、音楽とともに情熱を注いだアート作品を通して、さらにクリエイティブなアートやファッション、新たなカルチャーが生み出されるきっかけを作っていきたい」(同社広報担当者)。