ファッション

「楽天 ファッションウィーク東京」開幕 デザイナーが考える理想の東コレ


有料会員限定記事

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が運営する2020年春夏の「楽天ファッションウィーク東京(RFWT)」が10月14~19日に開催される。冠スポンサーが楽天に変わって初めてのファッションウイークとなるため、関係者からの注目は高い。しかし、結局は人を呼べるブランドが参加しないとファッションウイークは盛り上がらない。そこで、海外で活躍するブランドを中心に、「どんな東コレだったら参加したい?」というテーマで54ブランドにアンケートを実施した。(この記事はWWDジャパン2019年10月7日号からの抜粋です)

 楽天が冠スポンサー契約の締結を発表したのは8月1日。JFWOと楽天がタッグを組んで実質2カ月で迎える初のファッションウイークとなるため、開催を目前に控えた現在もJFWOとの具体的な取り組みについての発表はない。楽天の三木谷浩史会長兼社長や、JFWOの三宅正彦理事長の両者が「2020年の『RFWT』に向けて話し合いを続けている」とコメントしていることから、今回は前スポンサーのアマゾンファッションが独自に行っていた「アット トウキョウ」のようなイベント開催や、新たなシステムを導入するような大きな動きはないとみられる。

この続きを読むには…
残り1941⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら