ファッション

「楽天 ファッションウィーク東京」開幕 デザイナーが考える理想の東コレ


有料会員限定記事

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が運営する2020年春夏の「楽天ファッションウィーク東京(RFWT)」が10月14~19日に開催される。冠スポンサーが楽天に変わって初めてのファッションウイークとなるため、関係者からの注目は高い。しかし、結局は人を呼べるブランドが参加しないとファッションウイークは盛り上がらない。そこで、海外で活躍するブランドを中心に、「どんな東コレだったら参加したい?」というテーマで54ブランドにアンケートを実施した。(この記事はWWDジャパン2019年10月7日号からの抜粋です)

 楽天が冠スポンサー契約の締結を発表したのは8月1日。JFWOと楽天がタッグを組んで実質2カ月で迎える初のファッションウイークとなるため、開催を目前に控えた現在もJFWOとの具体的な取り組みについての発表はない。楽天の三木谷浩史会長兼社長や、JFWOの三宅正彦理事長の両者が「2020年の『RFWT』に向けて話し合いを続けている」とコメントしていることから、今回は前スポンサーのアマゾンファッションが独自に行っていた「アット トウキョウ」のようなイベント開催や、新たなシステムを導入するような大きな動きはないとみられる。

この続きを読むには…
残り1941⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら