ファッション

マンハッタンに旗艦ウィメンズ店オープン ノードストロムのNY攻略方法

有料会員限定記事

 米百貨店のノードストロムが10月24日、マンハッタン旗艦店を西57丁目にオープンした。2018年4月に先行オープンしたメンズ館に続くウィメンズ館で、地上5階、地下2階、約3万平方メートルの面積は本拠地シアトルの旗艦店に次ぐ規模だ。激戦区での大勝負で鍵を握るのが、9月にオープンした小型サービス店舗「ノードストロム ローカル」2店の存在だ。ノードストロムはマンハッタンをどう攻略するのか。(この記事はWWDジャパン2019年11月4日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り2623⽂字, 画像6枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら