ニュース

フローフシの「ウズ」が伊勢丹新宿本店に日本初の直営店オープン ストア限定のアイライナー発売

 フローフシは11月20日に、伊勢丹新宿本店1階の化粧品売り場に日本初の「ウズ(UZU)」直営店をオープンする。同店のみで購入可能なコレクションをそろえるほか、同店舗でしかできないブランド体験を提供する。

 「ウズ」は、6月に世界初の旗艦店としてNY・ソーホー地区の19ハワードストリートにフラッグシップストア「UZ 19Howard」をオープン。伊勢丹新宿本店は世界で2店舗目の常設店で、初の百貨店ストアだ。

 同店では、ブランド第1弾製品「アイオープニングライナー(EYE OPENING LINER)」の新色「セブンシェイズ オブ ブラック(UZ 7 SHADES OF BLACK)」(全7色、各1500円)を限定販売する。同製品はマットや艶、レッドブラック、グリーンブラックなど質感と色の異なる7色のブラックアイライナーで、先日開催されたニューヨークファッションウィークの「3.1 Phillip Lim(スリー ワン フィリップリム)」2020年春夏コレクションのバックステージメイクでデビューしたアイテムだ。NYの旗艦店と、世界9カ国のオンラインで限定販売していたが、今回、伊勢丹新宿本店限定で販売する。

 現在リモデル中の伊勢丹新宿本店は、化粧品フロアをこれまでの1階と地下2階に加え、2階にも増床。9月25日に2階のスキンケアゾーンをオープンした。11月20日には1階をメイクアップフロアとしてリモデルオープンする。