ニュース

フローフシ新ブランド「ウズ」が世界初の旗艦店をNYにオープン

 フローフシの新ブランド「ウズ バイ フローフシ(UZU BY FLOWFUSHI)」は6月25日〜7月14日(現地時間)、期間限定店をニューヨーク・ソーホー地区の19ハワードストリートにオープンしている。旗艦店と位置付け、14日のファーストフェーズ終了後、秋にセカンドフェーズをオープンする予定で、オープンとクローズを重ねながらストア内の空間を変化させていくという。

 店舗は、地下1階から地上3階で構成し、製品を販売するほか、ショールームやカスタマイズステーションなどを設けている。 メインコンテンツのコミュニティースペースには、ニューヨークの街角で実際に使用されていた公衆電話を改造したフォーンブースを設置。人々の思いをつないできた公衆電話を生かし、世界中のユーザーがオンラインとオフラインを行き来できるようにな仕様だ。

 そのほか、「ウズ バイ フローフシ」第1弾製品のアイライナー「アイオープニングライナー」全13色を試せるショールームスペースや、アイライナーに採用している「大和匠筆」の職人を招いたデモンストレーションスペースなどを設ける。また、ストラップ14種とバッグ7種の中から自分の好きなカラーをセレクトし、バッグにはメッセージをプリントできるカスタマイズサービスも提供する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら