ビューティ

予約段階で1万本を記録! ランコム「ジェニフィック」新作発売記念イベントに潜入

 「ランコム(LANCOME)」の人気製品「ジェニフィックアドバンスト N」の発売を記念した期間限定イベント「美肌菌サロン」が、東京・表参道ヒルズでスタート!発売前の約1カ月で予約本数が1万本を超えた話題の新製品です。イベント会場は製品の秘密を紹介するアカデミックなコーナーやテンションの上がるアトラクション、お得なビューティ体験まで、さまざまなコンテンツが用意されていました。

今回のイベント一の力作!
「美肌菌ゲーム」

 会場入り口横に備えられたモニターには、「美肌菌ゲーム」の文字と昭和感たっぷりなドット絵のキャラクターが。パネルに浮かんでは消えてい「ジェニフィック」をタッチする、オリジナルゲームが楽しめます。キョロキョロ&アワアワしながらひたすらたたいてみたところ、9000点(4位)の成績を出すことができました!運動神経はよい方ではないのですが、求められるのは動体視力と反射神経だけじゃなく、楽しんでトライするお祭り気分なのかも?ゲームを体験した人の中から1日1人に「ジェニフィックアドバンストN」1年分をプレゼントするスペシャル企画も用意されています。

プロが撮影するフォトスポットは2カ所!

 昨今のイベントにはフォトスポットがつきものですが、今回の会場には2カ所用意されています。一つは鏡張りの壁面と製品シルエットをモチーフにした電飾によるスペース。もう一つは壁面にデジタル映像が映し出されたスペースで、製品の大きな模型を手に撮影することもできます。

顕微鏡で美容液に含まれている成分を観察

 テンションの上がるコンテンツを楽しんだら、ちょっぴりアカデミックなお話を。今回の新作「ジェニフィックアドバンスト N」は、人の肌に存在する常在菌から肌を美しく保つ“美肌菌”に着目。一人一人異なる肌の美肌菌バランスを整えるための菌を配合しています。会場では配合されている7種の成分を一つ一つ紹介していて、顕微鏡をのぞくとさまざまな形状の菌を確認することができます。また、年齢や環境、肌質によって異なる皮膚常在菌のバランスをグラフで説明する、科学館のような模型も。説明を聞いていると、自分の皮膚常在菌を確認してみたい!と、興味がさらにかき立てられます。

美容液1週間分と美顔器で集中ケア体験

 会場奥には、「ランコム」のイベントではおなじみになりつつある「輝き肌体験」のスペースが。1週間分の「ジェニフィックアドバンスト N」を顔にたっぷり塗り、1秒間に約300万回振動する超音波ブースターを使ったフェイシャルトリートメントを無料で受けることができます。通常量(1滴)の場合はスーッと肌に浸透していく軽いテクスチャーが魅力ですが、なにしろ1週間分の滴を一気に肌にのせるため、最初はフェイスマスクを外した後のようにトロトロとした美容液が顔一面についた状態。それを、ブースターを使いながら奥まで浸透させていくと、終了時には肌がもちもちになります。こちらのコーナーはいつも大人気なので、事前に公式サイトから予約しておくとベスト。仕上げのメイクもしてもらえるので、仕事や学校の終わりに立ち寄ると一日の疲れも吹き飛びますよ。

大階段にはクレーンゲームが

 表参道ヒルズの大階段にも「ランコム」の装飾が施されています。中段の踊り場には「ジェニフィックアドバンスト N」のサンプルがもらえるクレーンゲームが置かれています。さっそく挑戦してみると編集部3人中2人がまさかの失敗!「失敗した方を初めて見ました」とスタッフも苦笑いでした。本当は、誰でも挑戦できるよう、簡単に設計されているとのこと。時間内ならば何回でもクレーンを動かすことができるので、焦らず冷静にターゲットのカプセル位置を見極めることが大切なようです。

 ちなみに、今回のイベントで一番準備に時間がかかったのは「美肌菌ゲーム」で、いちからプログラムしたという力作なんだそうです。また、顕微鏡で見ることができる菌もフランスから取り寄せた貴重なもので、ここでしか体験できないコンテンツの多さが魅力でした。レジャー気分で楽しみながらためになる美肌作りの情報も仕入れることができる「美肌菌サロン」。週末レジャーに訪れてみてはいかがでしょうか。

■「ランコム 美肌菌サロン」
日程:10月3~13日
時間:11:00~20:00 (最終日のみ18:00まで)※超音波ブースター最終受付 19:30(最終日のみ17:30まで)
場所:表参道ヒルズ 本館B3F スペースオー
住所:東京都渋谷区神宮前4丁目12-10

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら