ファッション

ミズノが温度調節可能なコートでクラウドファンディング すでに目標金額の2倍を達成

 ミズノは9月20日、クラウドファンディングサービスの「マクアケ(MAKUAKE)」上で「ゴートゥーバイミズノ(GO TO BY MIZUNO)」の“ゴアテックス(GORE-TEX)サーモブリッドコート”の予約販売を開始した。価格は9万円で、90着限定で用意する。目標金額の100万円に対し、開始6日目の時点ですでに200万円を超える支援金が集まった。11月28日の18時まで募集する。

 同商品にはミズノ独自の保温技術 “サーモブリッド”“ブレスサーモ”“リフレクションギア”を使用した。“サーモブリッド”はバッテリーを使用してライナーに内蔵したカーボンファイバーを暖める機能で、天候に応じて強・中・弱と3段階で暖かさを調整できる。薄手のライナーは取り外しができ、春や秋にも着用可能だ。体から発生する水分を用いて発熱効果をもたらす“ブレスサーモ”や体の熱を反射して保温し、蒸れを抑える“リフレクションギア”などで快適さにもこだわった。さらにコートの素材には“ゴアテックスファブリクス”を使用し、防水、透湿、防風性に優れた仕様となっている。

 モデルのKAIOが登場するビジュアルでは、ビジネスやアウトドアなど幅広いシーンで使用できるデザインを紹介。「ミズノオオサカ茶屋町(MIZUNO OSAKA CHAYAMACHI)」、「エスポートミズノ」では、11月にサンプルを展示する予定だ。

 今回のクラウドファンディングでは「ゴートゥーバイミズノ」の認知度拡大や新客開拓、市場調査を目的とし、今後の商品開発に生かしていく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら