ファッション

“完璧すぎる”スコッチウイスキー「グレンモーレンジィ」のポップアップバーが六本木ヒルズにオープン

 MHD モエ ヘネシー ディアジオは、シングルモルト・ウイスキー「グレンモーレンジィ(GLENMORANGIE)」のポップアップバー「グレンモーレンジィ ハウス」を10月9日から14日まで東京・六本木ヒルズ大屋根プラザにオープンする。

 「グレンモーレンジィ」は、1843年からスコットランドのハイランド地方で製造されてきたシングルモルト・ウイスキーで、フルーティーでフローラルな風味が特徴だ。スコットランド産の大麦だけを使用し、敷地内にある清らかな水源からとれる硬水と、スコットランドでもっとも背の高い蒸留器で製造された伝統と最新技術の融合から生まれたもので、その品質は“完璧すぎる(Unnecessarily well made)”と評される。

 イベントでは、「グレンモーレンジィ」を特別なフードと合わせて楽しめるほか、ブルーノート東京プロデュースによるジャズライブや、ゲストバーテンダーによる「グレンモーレンジィ」のスペシャルカクテルも提供される。

 価格は「グレンモーレンジィ オリジナル」600円、「グレンモーレンジィ キンタ・ルパン14年 ポートカスク フィニッシュ」800円、「グレンモーレンジィ 18年」1000円、「グレンモーレンジィ シグネット」1200円など。

■グレンモーレンジィ ハウス
日程:10月9~14日
時間:9日と10日 16:00~22:00(LO21:30)
11~14日 14:00~22:00(LO21:30)
場所:六本木ヒルズ大屋根プラザ
住所:東京都港区六本木6-10-1

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら