ファッション

「ハイドロゲン」が西日本最大級の旗艦店を大丸心斎橋店にオープン 限定ジャケットを発売

 三喜商事は9月20日、伊ブランド「ハイドロゲン(HYDROGEN)」の西日本最大級の旗艦店を大丸心斎橋本店にオープンする(大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1)。メンズやウィメンズコレクション、キッズ、アルベルト・ブレーシライン(日本国内限定販売の高級ライン)などをそろえる。さらに、「ハイドロゲン」のアルベルト・ブレーシ(Alberto Bresci)最高経営責任者(CEO)兼デザイナーが来日するほか、限定のリバーシブルトラックジャケット(3万8000円)を用意する。

 オープンを記念して、日本国内外で活躍するダンサーと「ハイドロゲン」がタッグを組んだダンスイベントを東心斎橋のバンビ(BAMBI)でゲストダンサーにYOSHIE、KITE、TAISUKEを迎えて開催する予定だ。

 「ハイドロゲン」は、2003年に伊・パドバに設立されたラグジュアリースポーツウエアブランド。これまで、「フィアット(FIAT)」、「デュベティカ(DUVETICA)」、「テンデンス(TENDENCE)」などとコラボレーションしてきた。現在では、メンズ・ウィメンズ・キッズに加えて、パフォーマンスラインとゴルフラインを展開している。

■大丸心斎橋店オープン記念ダンスイベント
日程:9月20日
時間:18:00〜20:00
場所:バンビ
住所:大阪府大阪市中央区東心斎橋1-18-27 PARK10 B1F

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら