ニュース

1年後のオリパラに向けて多様性を訴えるイベント 渋谷区の10の大学が参加

 東京オリンピック・パラリンピックの開催が1年後に迫る中、年齢や性別、国籍、障害の有無を問わずに文化を楽しむ機運を盛り上げようというイベント「メリースマイル・シブヤ・フォー 2020(MERRY SMILE SHIBUYA FOR 2020)」(主催:渋谷区、企画・運営:NPO法人メリープロジェクト)が東京・青山の国連大学で8月24日に開催された。渋谷区内の10の大学の学生たちが企画したブースやファッションショー、音楽ライブなどで会場は盛り上がりをみせた。

 ブースのエリアでは、実践女子大学の「ブラインド書道・ペットボトル風鈴づくり」、文化学園大学短期大学部の「五輪ドレスづくり」、津田塾大学の「YUKATA STREET(浴衣無料着付け)」などの趣向を凝らした企画で来場者を楽しませた。障害を乗り越えて世界で活躍する書家・金澤翔子氏の書道パフォーマンスでは、大きな筆で「共に生きる」と揮毫(きごう)すると、観客から大きな拍手が湧き上がった。

 同イベントは東京オリンピック・パラリンピックの公認プログラム。開会式では渋谷区の長谷部健区長があいさつし、ダイバーシティー(多様性)の実現を訴えた。来年の大会期間中にも新しい宮下公園でのイベントを予定している。