ファッション

2020年に向けた「笑顔のドレス」を披露

 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、年齢・性別・国籍・障害の有無を問わずに集まった人たちがモデルを務める「ダイバーシティ・ファッションショー」がこのほど開催された。渋谷ヒカリエで行われた文化イベント「メリースマイル・シブヤ・フォー・2020(MERRY SMILE SHIBUYA FOR 2020)」(主催:渋谷区、企画・運営:NPO法人メリープロジェクト)のメーン企画。デザイナーの鶴田能史によるブランド「テンボ(TENBO)」との協業で、世界30カ国、500人の子供の笑顔がプリントされたドレスなどが披露された。

 企画した水谷孝次アートディレクターは北京五輪の開会式セレモニーにも参加し、子供たちの笑顔をプリントした傘のパフォーマンスを行ったことでも知られる。今回のファッションショーについて「ファッションと笑顔のコラボレーションで、20年にメリースマイルの輪を広げたい」とコメントする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら