ファッション

2020年に向けた「笑顔のドレス」を披露

 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、年齢・性別・国籍・障害の有無を問わずに集まった人たちがモデルを務める「ダイバーシティ・ファッションショー」がこのほど開催された。渋谷ヒカリエで行われた文化イベント「メリースマイル・シブヤ・フォー・2020(MERRY SMILE SHIBUYA FOR 2020)」(主催:渋谷区、企画・運営:NPO法人メリープロジェクト)のメーン企画。デザイナーの鶴田能史によるブランド「テンボ(TENBO)」との協業で、世界30カ国、500人の子供の笑顔がプリントされたドレスなどが披露された。

 企画した水谷孝次アートディレクターは北京五輪の開会式セレモニーにも参加し、子供たちの笑顔をプリントした傘のパフォーマンスを行ったことでも知られる。今回のファッションショーについて「ファッションと笑顔のコラボレーションで、20年にメリースマイルの輪を広げたい」とコメントする。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら