ファッション

アーバンリサーチがオンライン限定新レーベルをスタート “周りのママと少しだけ差をつけたい”女性に

 「アーバンリサーチ ドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)」はオンラインストア限定の新レーベル“ティント(THINT)”を立ち上げ、9月上旬から2019-20年秋冬コレクションを販売する。現在プレオーダーを受け付けており、限定数に達し次第終了する。価格はワンピースが1万5000円〜。

 「アーバンリサーチ ドアーズ」は働く主婦やママ世代をターゲットに、UVカットや速乾性を備えた機能性の高いアイテムに注力しているが、“ティント”では“周りのママと少しだけ差をつけたい”といったニーズに対応し、ヘアリーウールのロングワンピースや落ち感のあるケーブルニットなど、トレンド性のあるワードローブを提案する。

 今回のオンライン限定発売は、頻繁に来店することのできない主婦層が気軽に買い物を楽しめるように企画したもの。またアーバンリサーチの公式オンラインストアでは、オンライン試着サービスのバーチャサイズ(Virtusize)を導入しており、商品の購入時に手持ちの服とサイズを比較できるようになっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら