ビューティ

肌荒れを繰り返す“弱バリア肌”をケアする新スキンケア誕生

 コーセーグループのドクターフィル コスメティクスは10月16日、ドクターズコスメ「フィルナチュラント(PHIL NATURNT)」から肌のバリア機能に着目した新スキンケアシリーズ“エクスバリア(X-BARRIER)”(全8品、2800~5000円)を発売する。化粧品専門店やGMS、百貨店、公式ECサイトで展開する。

 「紫外線や過度なエアコン、睡眠不足といった環境ストレスなどによって“弱バリア状態”(肌のバリア機能の低下)にあることに着目した」(篠崎圭祐ドクターフィル コスメティクス企画部マネージャー)ことから同シリーズを開発。皮膚科医と共同開発し、環境ストレスや水分蒸散を遮断しながらバリア機能を立て直す“攻めのバリア機能補強スキンケア”を打ち出す。

 “弱バリア状態”の肌に必要な疑似バリア膜を作る素材、サクランを配合。皮膚のバリア機能を補塡するほか、つけている間は肌を保護し、環境ストレスから肌を守る。クレンジングや洗顔料、化粧水(ややしっとり、しっとり、とてもしっとり)、美容液ゲル、クリームをラインアップする。

 同ブランドは1992年に誕生。乾燥など環境ストレスによる肌荒れやニキビを繰り返す女性の肌悩みに応えるため、田辺和美・皮膚科医をブランドコンサルタントに迎えスキンケア製品を展開している。同社は2002年にコーセーの傘下に入った。

【エディターズ・チェック】
同ブランドのアイクリーム「CL アイリペア」を夜に塗布すると、翌日には目のくまが気にならない程度に回復するので愛用していました。実力を体感していたブランドから販売される「エクスバリア」をひと足先に試したところ、浸透力があり肌なじみも抜群。従来の敏感肌向け製品は、保湿や優しさをうたったものが多いですが、これは効果を感じられ揺らぎがちな肌の時には欠かせないアイテムになりそうです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。