ファッション

レアなスニーカー100点のオークション カナダ人コレクターが99点を9200万円で落札

 オークションハウス、サザビーズ(SOTHEBY’S)とニューヨークのリセールストア「スタジアム・グッズ(STADIUM GOODS)」が7月11日から開催しているスニーカーコレクション100点のオンラインオークションで、そのうちの99点をカナダ人コレクター、マイルス・ナダル(Miles Nadal)が85万ドル(約9200万円)で落札した。

 「スタジアム・グッズ」は、1972年にオリンピック陸上予選の期間中に発売された「ナイキ(NIKE)」の“ムーン・シューズ(Moon Shoes)”や、シカゴ現代美術館で限定販売された「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」x「ナイキ」“エア フォース 1”、「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」と「シャネル(CHANNEL)」そしてファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)がトリプルコラボした“NMD トレイル ヒューマン レース”など希少価値の高いスニーカーコレクションを出品。落札者のナダルは“ムーン・シューズ”を残して全て落札し、サザビーズは残り1点のオークションを7月23日まで継続する。

 サザビーズのeコマース責任者であるノア・ヴュンシュ(Noah Wunsch)は「こんなオークションになるとは予想もしていなかった。しかし、素晴らしい結果となった」とコメントし、当初の予想落札額67万ドル(約7200万円)を大幅に上回ったことを付け加えた。

 落札したナダルは民間投資会社ピアレージ・キャピタル(PEERAGE CAPITAL)の取締役会長で、142台のクラシックカーと40台のオートバイを所有するコレクターだ。ナダルは同オークションについて「私にはアートやデザイン、スニーカーのマーケティングに関する知識があるが、スニーカーは一種の芸術作品だと思う。アイコニックなスニーカーのコレクターは若い世代がメインで、成熟したコレクターたちはまだスニーカーに注目していない。私は一足早くトレンドに乗ることができた」と語った。

 落札された99点のスニーカーは、23日までサザビーズで公開される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。