ファッション

10周年の「フランク&アイリーン」のシャツはなぜ愛される?

 2009年に米カリフォルニアでスタートしたシャツブランド「フランク&アイリーン(FRANK&EILEEN)」は今年、ブランド設立10周年を迎える。130年以上の歴史を持つイタリアの老舗生地メーカーの素材を使い、体のラインを考慮した着心地の良さ、独自の美シルエット、豊富なバリエーション、アイロン要らずで洗いざらしのまま着られる扱いやすさなどが支持を得て、5周年となる東京・千駄ヶ谷の旗艦店は、確実にファンを獲得。ハリウッド女優のリース・ウィザースプーン(Reese Witherspoon)やモデルの梨花らも愛用する。3万円前後と決して安くはないシャツが愛される理由は?来日したオードリー・マクローリン(Audrey Mcloghlin)デザイナーに聞いた。

WWD:ブランドを立ち上げた時の思いは?

オードリー・マクローリン=デザイナー(以下、マクローリン):以前、カシミヤの工場で働いていたときにイタリアの生地の本と出合って、それがきっかけで毎日着られる女性用のシャツを作りたいと思ったの。イタリアには素敵な生地がたくさんあるから。

WWD:シャツにこだわる理由は?

マクローリン:私自身が元々シャツが好きだから。ファッションではシャツだけが女性の強い部分とマスキュリンな部分、フェミニンな部分を兼ね備えたモノだと思う。

WWD:ブランドを立ち上げて10年。変わらないところと進化したところは?

マクローリン:10年間ずっと同じイタリアの生地メーカーの素材を使っていて、プロダクション、ロジスティックも変わっていない。ずっと変わらないクオリティーのモノを提供しているわ。進化したところで言うと、10年間やってきてどんどん新しいシルエットが増えている。扱っている生地も増えて、今では200ぐらいのバリエーションがあるわ。

WWD:独占販売契約を結ぶサザビーリーグが運営する千駄ヶ谷の旗艦店も5周年だが、日本でのビジネスのこれまでを振り返ると?

マクローリン:この10年でブランドはどんどん大きくなってきているけど、この5年間は特に成長した。以前はホールセールのみだったけど、ECをスタートしてから売り上げが大きく伸びていて、今では50%がECの売り上げ。リピーターも多くて、毎月のように買ってくださる顧客もいるわ。今はアメリカ、日本、オーストラリア、ニュージーランド、カナダで展開していて、ビジネス的にはアメリカが一番大きく、次が日本。その他の国はまだまだ小さなビジネスだけど、日本は特に力を入れていて、特別なカラーやファブリック、刺しゅうなどの別注もたくさん展開している。

WWD:日本市場の印象は?

マクローリン:日本のお客さまは特に品質にこだわっている印象ね。それにブランドの背景に興味を持ってくれる方も特に多いわ。

WWD:「フランク&アイリーン」はアイルランド出身の祖父母の名前とのことだが、なぜこの名前を付けた?

マクローリン:「フランク&アイリーン」は私にとって3つ目のビジネスで、最初は母親の名前、次は自分のニックネームをつけた。ファミリーをすごく大切にしているから、この名前にしたわ。ブランドロゴにある「1947」はその祖父母が結婚した年でもあるの。

WWD:次の10年に向けてどう考えている?

マクローリン:10年はかなり長いからわからないわ(笑)。でも2~3年後に関して言うなら、デジタルの発展が著しいから私たちからお客さまに話しかけたり、コミュニケーションできる機会がもっと多くなっていくと思う。お客さまにダイレクトにブランドのストーリーを伝えることもできると思うから、今後はそういう機会をどんどん増やしていきたいわ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら