ファッション

LA発のシャツブランド「フランク&アイリーン」が“サステナブルな企業”に与えられるBコープ認証を取得

 米カリフォルニア・LA発のシャツブランド「フランク&アイリーン(FRANK&EILEEN)」は、サステナブルな良い企業に与えられるBコープ認定を取得した。

 Bコープは、2006年にアメリカの非営利団体Bラボ(B Lab)が制定した認証制度。透明性や説明責任、持続可能性、環境や社会へのパフォーマンスにおいて、Bラボが定める厳しい評価基準を満たした企業にのみ与えられる。アパレル企業では、「パタゴニア(PATAGONIA)」や「エコアルフ(ECOALF)」「オールバーズ(ALLBIRDS)」などが取得している。

 「フランク&アイリーン」は、元エンジニアのオードリー・マクローリン氏が女性用のボタンアップシャツを再発明すべく2009年に設立。体のラインを考慮した独自のシルエットや色・柄の豊富なバリエーション、洗いざらしのまま着られる扱いやすさに定評がある。「フランク&アイリーン」は創業当初からサステナブルをコンセプトに掲げ、140年以上の歴史を持つイタリアの老舗生地メーカー、アルビニ(ALBINI)社の生地(有害な化学物質を含んでいないことを証明するエコテックス認証を取得)を「VOILE」「ORGANIC VOILE」「LIVED IN LINEN」以外の全ラインに採用。さらにカットソーの生産においては、地元LAで縫製や染色を行うことで雇用を作り、責任ある生産を行っている。

 日本ではサザビーリーグが2012年に独占販売契約を締結し、13年秋冬シーズンから輸入販売を行っている。東京・千駄ヶ谷にある世界初の旗艦店のほか、阪急うめだ本店と日本橋高島屋S・C新館に店舗を構える。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら