ファッション

「M・A・C」のエイズ基金が設立25周年 真っ赤な限定リップが登場

 「M・A・C」は5月7日に、「ビバ グラム(VIVA GLAM)」誕生25周年を記念し、きらめくレッドの限定パッケージのリップスティック(3000円)を発売する。ブランド公式オンラインサイトでは1日から先行販売する。

 「M・A・C」が1994年に発売した「ビバ グラム」は、エイズ患者の支援を目的とするチャリティーキャンペーンとして売り上げの全額をM・A・Cエイズ基金に寄付。これまでに4億ドル(約444億円)以上を寄付している。設立25周年を迎えた同基金は、M・A・Cビバ グラム基金と改名し、エイズ患者だけでなくLGBTQなど性別を超えてサポートを拡大していく。

 キャンペーンのスポークスパーソンにはこれまでレディー・ガガ(Lady Gaga)やニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、リアーナ(Rihanna) 、エルトン・ジョン(Elton John)、シンディー・ローパー(Cyndi Lauper)、クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)などのアーティストが起用されてきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。