ニュース

「M・A・C」のエイズ基金が設立25周年 真っ赤な限定リップが登場

 「M・A・C」は5月7日に、「ビバ グラム(VIVA GLAM)」誕生25周年を記念し、きらめくレッドの限定パッケージのリップスティック(3000円)を発売する。ブランド公式オンラインサイトでは1日から先行販売する。

 「M・A・C」が1994年に発売した「ビバ グラム」は、エイズ患者の支援を目的とするチャリティーキャンペーンとして売り上げの全額をM・A・Cエイズ基金に寄付。これまでに4億ドル(約444億円)以上を寄付している。設立25周年を迎えた同基金は、M・A・Cビバ グラム基金と改名し、エイズ患者だけでなくLGBTQなど性別を超えてサポートを拡大していく。

 キャンペーンのスポークスパーソンにはこれまでレディー・ガガ(Lady Gaga)やニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、リアーナ(Rihanna) 、エルトン・ジョン(Elton John)、シンディー・ローパー(Cyndi Lauper)、クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)などのアーティストが起用されてきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら