ファッション

伊勢丹新宿ザ・ステージで「ヴァレクストラ」のポップアップが登場 アイコンの“イジィデ”から日本限定トートまでそろえる

 イタリア・ミラノ発「ヴァレクストラ(VALEXTRA)」のポップアップショップが4月17日に伊勢丹新宿本店1階のザ・ステージでスタートした。“ヴァレクストラ メトロポリス”と名付けられたポップアップではニューヨークや東京などの大都会の摩天楼から着想を得た仮想都市が登場。スモークが炊かれた空間では、エリア別に商品が展示され「ヴァレクストラ」の世界観を体感できるようになっている。

 アイコンの“イジィデ(ISIDE)”や“セリエ エス(SERIES)”をはじめ、日本限定の“ケーヴァル トート(K-VAL TOTE以下、ケーヴァル)”、ウォレットやカードケースなどを豊富なカラーバリエーションでそろえる。1961年にデザインされたドクターバッグの復刻版の“セリエ エス”は60年代特有の有機的なフォルムが特徴だ。“ケーヴァル”は防弾チョッキやヨットの帆などに用いる丈夫で軽量な素材を用いており、日常から旅行までさまざまなシーンで使用できる。ユニセックスのスニーカーは6色展開で、ミラノ、ロンドン、北京、東京のみでの展開だ。価格は、”セリエ エス“が39万5000円~、“ケーヴァル”が14万9000円、スニーカーが8万6000円、“マイクロ イジィデ”が28万5000円~。

 ポップアップのために来日したサラ・フェレロ(Sara Ferrero)=ヴァレクストラ最高経営責任者は、「このポップアップでは、ブランドのDNAやストーリーが感じられるようになっている。『ヴァレクストラ』の街を探検するように楽しんでほしい」とコメント。

 ポップアップの会期は4月23日まで。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら