ファッション

伊藤忠がCAMPFIREに出資、アパレル分野での参加型投資の普及を後押し

 伊藤忠商事は10日、クラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー(CAMPFIRE)」を運営するCAMPFIRE(東京都渋谷区、家入一真代表取締役CEO)の第三者割当増資の引き受けに合意した。出資額などは非公表。伊藤忠は出資の狙いを「国内未上陸ブランドの需要予測や新商品の立ち上げに積極的に活用する。多数のブランドを抱える当社が参加することで、日本のファッション業界を挙げて従来の売り減らし型のビジネスモデルからの脱却を目指したい」という。CAMPFIREにはワールドやパルコも出資。CAMPFIREをベースにしたアパレル企業オールユアーズなども誕生しており、繊維・アパレル業界最大の商社である伊藤忠の参画で、ファッション業界へのクラウドファンディングの普及が大きく進みそうだ。

 「キャンプファイヤー」は、インターネットを活用した日本のクラウドファンディングの先駆けとして2011年にスタート。19年2月には累計流通額が100億円を突破し、国内最大級のクラウドファンディングサイトになっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。