ファッション

バロックが新ブランド「イム」 大人の女性に“少しだけ特別な日常着”を提案

 バロックジャパンリミテッドは、2019年春夏に新ウィメンズブランド「イム(Y/M)」を立ち上げた。販路は百貨店や高感度なセレクトショップで、ターゲットは30~40代。“十人十色のワードローブ”をコンセプトに、デイリー使いしやすいベーシックなデザインに少しの違和感を加えることで、大人の女性の個性を引き出すアイテムを提案する。

 「エンフォルド(ENFOLD)」「ナゴンスタンス(NAGONSTANS)」など同社の百貨店向けブランドでは、大胆な配色や生地の切り替えといったデザイン性が目立つ一方、「イム」はさりげないデザインのひねりやディテールをしのばせる。デビューシーズンはリラックスした素材使いや形のジャケットを柱に据え、秋冬はニットを軸にしたスタイリング提案を充実させる。

 3月上旬には、伊勢丹新宿店本店本館2階の編集売り場「TOKYOクローゼット」に販売ラックを設置した。野原静江プレスは「立ち上がりからシャツやワンピースなどの軽衣料の反響が良く、早くも売れ筋が見えてきた。モノづくりの良さが伝わったのか、その場では実物の見られない先行受注品も完売した」と手応えを話す。同ブランドは4月2日まで三越銀座店でもポップアップストアを開催している。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら