ファッション

“ハレ系男子”が減った? 東コレ「ハレ」来場者をスナップ

 アダストリアの「ハレ(HARE)」は「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO」期間中の3月21日、2019-20年秋冬コレクションのランウエイショーを渋谷ヒカリエで開催した。同ブランドはここ数シーズン多数の顧客をショーに招いており、同ブランドらしい、トレンドを盛り込んだアイテムを身に着けている“ハレ系男子”が多いのが特徴だ。前シーズンはマッシュヘアにドレープ感のあるシャツ、クロップド丈のワイドパンツを着こなす来場者が多かった。しかし、今シーズンは顧客が少なめの印象。「ダブレット(DOUBLET)」や「ゴーシャ ラブチンスキー(GOSHA RUBCHINSKIY)」などを着こなす、ストリート色の強い来場者が増えた。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら