ファッション

韓国カルチャー誌「マップス」が日本初ポップアップ 「ディスイズネバーザット」らとコラボグッズも

 韓国の若者の間で絶大な支持を得るカルチャー誌「マップス(MAPS)」は3月19〜28日、東京・ラフォーレ原宿2階で日本初のポップアップイベントを行う。ユースとローカルをキーワードに、その時代の創造的なカルチャーを表現する月刊誌で、商業的な広告を一切掲載しないことでも有名。これまでに秋元梢や小嶋陽菜、篠崎愛らの日本人も表紙に起用した。

 ポップアップイベントはアジアトレンドに特化した日本のマーケティング会社クージー(Coogee)がディレクションを行い、「マップス」の最新号とバックナンバー、限定グッズの他、「リトル サニー バイト(LITTLE SUNNY BITE)」や「ディスイズネバーザット(THIS IS NEVER THAT)」「ナインティナインパーセントイズ(99% IS)」「ヘインソ(HYEIN SEO)」など日韓の人気ブランドとのコラボアイテムを発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら