ファッション

韓国カルチャー誌「マップス」が日本初ポップアップ 「ディスイズネバーザット」らとコラボグッズも

 韓国の若者の間で絶大な支持を得るカルチャー誌「マップス(MAPS)」は3月19〜28日、東京・ラフォーレ原宿2階で日本初のポップアップイベントを行う。ユースとローカルをキーワードに、その時代の創造的なカルチャーを表現する月刊誌で、商業的な広告を一切掲載しないことでも有名。これまでに秋元梢や小嶋陽菜、篠崎愛らの日本人も表紙に起用した。

 ポップアップイベントはアジアトレンドに特化した日本のマーケティング会社クージー(Coogee)がディレクションを行い、「マップス」の最新号とバックナンバー、限定グッズの他、「リトル サニー バイト(LITTLE SUNNY BITE)」や「ディスイズネバーザット(THIS IS NEVER THAT)」「ナインティナインパーセントイズ(99% IS)」「ヘインソ(HYEIN SEO)」など日韓の人気ブランドとのコラボアイテムを発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら