ファッション

韓国カルチャー誌「マップス」が日本初ポップアップ 「ディスイズネバーザット」らとコラボグッズも

 韓国の若者の間で絶大な支持を得るカルチャー誌「マップス(MAPS)」は3月19〜28日、東京・ラフォーレ原宿2階で日本初のポップアップイベントを行う。ユースとローカルをキーワードに、その時代の創造的なカルチャーを表現する月刊誌で、商業的な広告を一切掲載しないことでも有名。これまでに秋元梢や小嶋陽菜、篠崎愛らの日本人も表紙に起用した。

 ポップアップイベントはアジアトレンドに特化した日本のマーケティング会社クージー(Coogee)がディレクションを行い、「マップス」の最新号とバックナンバー、限定グッズの他、「リトル サニー バイト(LITTLE SUNNY BITE)」や「ディスイズネバーザット(THIS IS NEVER THAT)」「ナインティナインパーセントイズ(99% IS)」「ヘインソ(HYEIN SEO)」など日韓の人気ブランドとのコラボアイテムを発売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら