ニュース

伊眼鏡ブランド「ポリス」が若手アーティストとコラボ 渋谷店がアート空間に

 イタリアの大手眼鏡メーカー、デリーゴ(DE RIGO)のハウスブランド「ポリス(POLICE)」は、昨年11月にデリーゴジャパンがオープンした渋谷・ファイヤー通りの路面店ポリス トウキョウで、アーティストのCOIN PARKING DELIVERYとのコラボレーションによるインスタレーションを2月16日から4月16日まで行う。

 2017年に活動を開始したCOIN PARKING DELIVERYはスマートフォンを使用してイラストを描き出す独自のスタイルが評判になり、ファッションや空間デザインなどにも表現の場を広げている若手アーティストだ。

 インスタレーションは、彼が描くキャラクター“白井さん”が若者のたちの「楽しいことをやりたい。自分の夢をかなえたい」というエネルギーに溢れる街、渋谷に上陸。そこでそのエネルギーに満ちた場所ポリス トウキョウに住み着いてしまったという設定だ。

 デリーゴのミケーレ・アラクリ(Michele Aracri)最高経営責任者は、「このプロジェクトは、『ポリス』のファンに単なるショッピングではなくストアでのエモーショナルな体験を提供することが目的だ。このストアは『ポリス』が持つオーセンティックなコードとさまざまなアーティストの芸術的ビジョンが重なり合う、これまでにない新しい空間になるだろう」とコメントした。

 ポリス トウキョウは、今後も若手アーティストとコラボレートした店舗演出を続ける。

 「ポリス」は1983年にスタート。眼鏡だけでなく、香水、ウオッチ、ジュエリー、革小物も販売している。