ファッション

パリ発ストリートブランド「フューチャー」がブランド初のポップアップストアを原宿にオープン

 クリエイティブ・ディレクターのフェリックス・シェイパー(Felix Schaper)とアート・ディレクターのベン・フレドニ(Ben Fredonie)が2014年に立ち上げたパリ発ストリートブランド「フューチャー(FUTUR)」が、ブランド初となるポップアップストアを2月9〜11日の3日間、東京・原宿のギャラリー コモン(Gallery COMMON)で開催する。

 コンセプトでありポップアップ名でもある“Too Late Tokyo”は、昨年2人が来日した際、日本人の多くが昼間は建前で生活し、夜間(Too Late)に本性を現すことを感じたことから。“夜の東京”にフォーカスし、日本人特有の「本音と建前」の“差”をアイテムで表現している。

 会場では、「フューチャー」らしいシンプルでクリーンな雰囲気を漂わせるフーディーやコーチジャケット、ロングTシャツ、Tシャツ、開襟シャツといったユニセックスのアパレルに加え、今回の為だけに製作したZINE(100部限定)、ライター、ビールグラス、ターンテーブル用のスリップマットなどのライフスタイルグッズも多数そろえる。なお価格は全て非公開。

■FUTUR TOKYO POP-UP Too Late Tokyo
日程:2月9〜11日
時間:12:00〜20:00
場所:Gallery COMMON
住所:東京都渋谷区神宮前6-12-9

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら