ファッション

眼鏡通販オーマイグラスが新宿に旗艦店オープン オムニチャネル戦略を強化

 眼鏡の通販サイトを手掛けるオーマイグラスは、新宿駅東口に都内初の路面店であり、旗艦店となるオーマイグラス東京新宿東口店(42平方メートル)を2月1日にオープンした。新しい店頭ロゴを掲げ、既存店よりハイグレードな商品を販売する。

 「オーマイグラス東京(Oh My Glasses TOKYO)」や同ブランドのハイエンドライン「シーム バイ オーマイグラス東京(seem by Oh My Glasses TOKYO)」「タイプ(TYPE)」「ペイジ(PAGE)」などのオリジナルブランドをはじめ、「レイバン(RAY-BAN)」「トム フォード アイウエア(TOM FORD EYEWEAR)」「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」など国内外の人気ブランドから、「オニメガネ」「丹羽雅彦」「DUN」などといった眼鏡産地の福井県鯖江製まで幅広いラインアップだ。同店は埼玉・大宮東口店に次ぐ路面店で、11店舗目の直営店となり、オムニチャネル戦略を強化している。

 清川忠康オーマイグラス社長は「オムニチャネル戦略の拠点となるグローバルフラッグシップショップという位置づけだ。国際眼鏡展参加で『オーマイグラス東京』の認知度と評価が高まってきた。アッパー層を狙いたい」と話した。

同店のオープンに伴い、新宿ミロードモザイク通り店は1月27日に閉店した。

 また、岡山駅前・ショッピングセンターICOTNICOT(イコットニコット)内のライフスタイル提案型書店TSUTAYA BOOKSTORE 岡山駅前の店内の一角に新店を近日中にオープンする予定。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら