ファッション

「平成の喜劇王」の「ダブレット」は、19-20年秋冬も抱腹絶倒ウエアてんこ盛り

 以前、「朝日新聞」にコメントを求められた時、「ダブレット(DOUBLET)」の井野将之デザイナーを「ファッション業界における平成の喜劇王」と称したことがあります。その理由は、とってもカンタン。「ダブレット」の洋服って、本当に笑えるんです。しかも「クスリ」と微笑むくらいではなく、「ギャハハ」と抱腹絶倒しちゃうカンジ。洋服とは究極、「袖を通したら、楽しくなれるモノ」であって欲しいと願っているので、ず〜っと「ダブレット」LOVEです。

 そんな「ダブレット」の2019-20年秋冬コレクションの展示会に行ってみると、今季も「抱腹絶倒」ウエアが豊作です。

 井野さん一番の自信作は、このチェスターコートやジャケットです。「え、フツーじゃね?」と思ったアナタは、甘〜い!このコートやジャケットは、別売り9000円(ちょっと高いなw)の巨大な肩パッドを内臓できるようになっています。で、パッドを入れて着ると、な、な、な〜んと、こんなカンジになるんです。

 「ねぇ、誰がこんなカッコで街を歩きたいワケ?」という愚問は、無視させていただきます。単純に、楽しくないですか?

[instagram url="https://www.instagram.com/p/Bs-H--JhE9l/"] [instagram url="https://www.instagram.com/p/Bs6xe3NHStD/"]

 展示会では、「着てみたい!」「フランケンシュタイン(なのか?)になってみたい!」という来場者が続出しており、インスタグラムで「#doublet」とタグ検索すると、そんな動画や写真を見つけることができます。ファッショニスタのマスイユウくんは、流石のクオリティ。そして僕も、ユウくんのクオリティにはかないませんが、わざわざ井野さんにマスクまで借りて、こんな動画を撮ってみました(笑)。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら