ファッション

「ロンジン」が通算製造数5000万本を達成 記念モデルを制作

 1832年創業の時計メーカーの「ロンジン(LONGINES)」は、2018年末に通算製造数5000万本に達した。5000万本目の記念として、“ロンジン マスターコレクション”を制作した。

 “ロンジン マスターコレクション”には、“50000000”などの文字を各部にあしらった。1本のみ制作した記念モデルで、販売はしない。ブランド初期に使用していたロゴを刻印した背面はスケルトンになっており、内部の複雑な機構が見える。40mmのローズゴールド製のケースには、アニュアルカレンダー機能が付いた自動巻きキャリバー“L897”を搭載している。同モデルと近いモデルを今後新作として発売する予定だ。

 “ロンジン マスターコレクション”は、同ブランドが拠点を置くスイス・サンティミエにあるロンジン ミュージアムに収蔵する。日本での展示は未定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら