ファッション

体操の内村航平 時計「ロンジン」と共に東京で金メダル3個目指す

 体操の五輪金メダリストである内村航平が、20日に行われた競馬の第38回ジャパンカップにプレゼンターとして登場し、勝利騎手のクリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)に、スイスの時計「ロンジン(LONGINES)」の“レコード”を贈呈した。「ロンジン」は、2014年からジャパンカップのオフィシャルパートナー兼オフィシャルタイムキーパーを担い、内村は17年から「ロンジン」のエレガンス アンバサダーを務める。

 内村に、エレガンス アンバサダーとして「ロンジン」と共に歩んだ1年を振り返ってもらうと、「おこがましいが、僕をサポートしていることで『ロンジン』を知った方も多いはず。同時に『ロンジン』のおかげで、体操のことも多くの人に知ってもらえた」と述べた。約10万人が見守る中でプレゼンターを務めたことについては、「これくらいの規模で演技できる選手になりたい」と語り、「僕くらいの域に達すると、まずは演技の維持が大事になる。そのうえでチャンスを逃さずステップアップしたい」と続けた。

 20年に向けてエレガントな演技を持続できるかとの問いには、「日本の体操は、伝統的に美しい演技を目指す。その中でロンジン エレガンスアワードを3度もいただき、今はアンバサダーを務める。体操のエレガンスには自信があるが、日常生活もそれに見合うものにしなくてはいけない(笑)。体操漬けの日々なので……。そのためにも『ロンジン』が必要だ。朝、腕に着けると文字通り、スイッチが入る」と答えた。内村は時計好きを公言しており、「ロンジン」だけで9本を所有する。

 ロンジンのウォルター・フォン・カネル(Walter von Kanel)最高経営責任者が、片手を広げて「東京オリンピックでは、これくらい金メダルを取れるか?」と聞くと、「あの舞台で金メダルを5つも取ることは並大抵のことではない。しかし3個くらいは欲しい」とほほ笑んだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら