ニュース

「ユーゴ&ヴィクトール」のクリスマススイーツ イブまでの日数を数えられるアドベントカレンダーなど

 マッシュセールスラボが運営するパリ発のスイーツ「ユーゴ&ヴィクトール(HUGO & VICTOR)」は、2018年のクリスマスコレクションを発表した。表参道ヒルズ店、伊勢丹新宿本店など全7店舗で取り扱う。

 クリスマスケーキは2種類を用意。“ショートケーク パリ”(4800円)はしっとりとしたフィナンシェ風生地で、イチゴとバニラビーンズをたっぷり使った特性シャンティ(ホイップクリーム)をサンドした一品で、トッピングの白ゴマがアクセントとなる。もう1つの“ビッシュ ジョルジュアマド”(6000円)は、チョコレートムースの中にバニラムースやキャラメリゼしたペカンナッツ、サクッとした食感が楽しめる生地が隠れており、チョコレート好きにはたまらない一品に仕上がっている。両メニュー共に12月20日まで予約を受け付けており、引き渡し期間は21〜25日となる。

 プレゼントに最適な商品も用意する。“アドベントカレンダー”(7500円)は、チョコレートが入った窓を1日ずつ開けることで12月1日からクリスマスイブまでの日数を数えることができ、クリスマスシーズンをさらに盛り上げてくれる。また、ブランドを象徴する“カルネ”(フランス語で手帳の意)がクリスマス仕様になって登場。カルダモンやシナモンなどのスパイスが効いたボンボンショコラが入った“カルネ ノエル”(6個入り2800円、12個入り4600円)はかわいらしいスノードームの表紙が魅力で、表参道ヒルズ店限定の半球形のチョコレートが入った “カルネ ノエル ルージュ”(2800円)はクリスマスらしい真っ赤な手帳になっている。