ファッション

「韓国旅行で行きたいNo.1カフェ」が六本木ヒルズに期間限定オープン

 韓国のスイーツカフェ「カフェ ド パリ(Cafe de paris)」は2月1日から5月6日まで、六本木ヒルズに期間限定店舗をオープンする。今回が日本初上陸で、日本と韓国をつなぐBtoB事業を行うアスリン(愛知県、篠崎麻子・社長)が日本総代理店契約を締結して店舗を運営する。

 旬のフルーツを使用した看板メニューの“ボンボン”から、本国でも人気の高い“ストロベリー”(1800円)や“マンゴー”(1800円)、“ブラウニー”(1400円)を用意。日本ではギルティフリーを意識し、生クリームのカロリーをカットする。また、バレンタインデーに向けて“ストロベリーチョコチーノ”(1日30個限定、1580円)を2月14日まで限定販売する。

 「カフェ ド パリ」は、スムージーに生クリームと新鮮なフルーツをトッピングしたフォトジェニックな見た目のパフェ“ボンボン”が、20~30代の女性を中心に人気の韓国発祥のカフェ。日本人女性にとって韓国旅行での観光スポットになっており、2016年には旅行会社のHISによる調査で“韓国No.1カフェ”に選ばれた。

■カフェ ド パリ
期間:2月1日〜5月6日
時間:11:00〜21:00
場所:六本木ヒルズ メトロハット ハリウッドプラザ 地下2階
住所:東京都港区六本木6-4-1

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら