ファッション

ザ・ウールマーク・カンパニーのウール100%ファーに反響 サステイナブルに対応

 ザ・ウールマーク・カンパニー(THE WOOLMARK COMPANY)が発表したウール100%のフェイクファーが注目を集めている。先ごろ東京国際フォーラムで行われたニット製品やテキスタイルを集めた展示会「ジャパン・ベストニット・セレクション2018」に協賛社として出展し、世界のファッション界のキーワードであるサステイナブルやファーフリーの流れに対応した素材として好評を得た。

 本物のファーとそん色ない毛触りと風合い、ウールならではの吸放湿性や防臭性、生分解性があり、土に還る環境にやさしい点が特徴だ。同社担当者は、「ウールの広がる可能性に世界が注目している。ラグジュアリーブランドのファーフリー宣言が相次ぐ中で、ウールのファーが大きな話題を集めた」と話した。

 ザ・ウールマーク・カンパニーは非営利法人オーストラリアン・ウール・イノベーション (AWI) の子会社。資金協力している約6万の牧羊業者を代表して、最上級の天然素材と位置づけるオーストラリア産ウールの研究開発とマーケティングを行い、世界的なサプライチェーンをサポートしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら