ファッション

ロサンゼルスにはもう飽きた? エディ・スリマンが豪邸を売却

 エディ・スリマン(Hedi Slimane)「セリーヌ(CELINE)」アーティスティック、クリエイティブ&イメージディレクターが、10年近く住んでいたロサンゼルスの豪邸を1750万ドル(約19億7000万円)で売りに出している。

 エディは今年、仏新聞「ル・フィガロ(LE FIGARO)」のインタビューで以下のように語り、ロサンゼルスがかつてのようにインスピレーションを与えてくれなくなったことを示唆していた。「ロサンゼルスは1990年代の終わり頃から頻繁に訪れていて、2008年から住んでいる。『ディオール オム(DIOR HOMME)』のコレクションも、ロサンゼルスのホテルでアイデアを練った。街はまだ目覚めておらず、真っ白のページを埋めていく作業にぴったりだった。当時、ロサンゼルスにはまだクリエイティブな動きやアートシーンはなく、音楽シーンも盛り上がっていなかった。今やロサンゼルスはメガロポリスとなり、世界中の人々や若者を引きつけるようになったが、次第にオーセンティックさを失っていった。巨大な建築現場みたいになってしまって、謎めいた場所は日々失われている」。

 ロサンゼルスには「セリーヌ」の関連施設がいくつかあるが、試作スタジオとアトリエはパリにあり、エディは今年多くの時間をそこで過ごしたという。なお、同社の広報担当者からのコメントは得られなかった。

 売却される家は、ロサンゼルスの高級住宅地ビバリーヒルズにほど近いトロウスデール・エステーツにあり、イギリスの建築家が60年代に設計したミッドセンチュリー様式のモダンな邸宅。5つの寝室と6つのバスルームを備えている他、庭にはプールがあり、エディによる大幅な改修が施されている。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら