ファッション

藤原ヒロシがテディベアのラグ製作 独「シュタイフ」とコラボ

 ドイツの高級ぬいぐるみブランド「シュタイフ(STEIFF)」と藤原ヒロシが主宰するデザインプロジェクト「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」とのコラボレーションによるテディベアのラグが、11月23日に発売される。2年前に発表したキーリングに次ぐ第2弾。アルカンターラ社の素材を使用し、限定品の証しである赤と白の耳タグを付けている。価格は14万5000円。ドーバー ストリート マーケット ギンザとシュタイフ社の公式サイトで販売される。

 「シュタイフ」は1880年にマルガレーテ・シュタイフ(Margarate Steiff)が創業。マルガレーテが甥や姪のために作ったクリスマスプレゼントがぬいぐるみ作りのきっかけとなり、彼女を手伝った甥の“本物のようなクマのぬいぐるみ”を作りたいという提案から、世界最初のテディベアといわれるモデルが誕生した。セオドア・ルーズベルト(Theodore Roosevelt)米第26代大統領は狩りに出た際に傷を負ったクマを撃たなかったこという話が知られるようになり、彼の愛称が“テディ”だったことから、アメリカでもクマのぬいぐるみ人気が高まったというエピソードが残る。

 「シュタイフ」の日本総代理店はMS1880。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。