ファッション

東レが独自スマートアパレルのアプリ刷新 高齢者の見守りも

 東レは、自社で開発したスマートアパレル「ヒトエ(hitoe)」を活用した新しいアプリ「ヒトエ みまもりアプリ」のサービス提供を2019年1月から始める。

 「ヒトエ」は東レがNTTと共同開発した導電性繊維を使ったウエア型の生体センサーで、心拍などのバイオリズムを高い精度で測定できる特徴がある。2016年にはクラウドサービスと組み合わせ、建築現場の作業員を対象にした「ヒトエ 作業者みまもりサービス」を提供してきたが、実証実験などを通じ、多彩なニーズがあったことから、今回は使いやすさや体調管理に重点を置いた「ヒトエ みまもりアプリ」を新たにリリースする。

 同アプリの特徴は平均心拍数や瞬時心拍数、消費エネルギー、リラックス度などを測定・推定し、可視化できること。みやすさや使いやすさを重視しており、SOSボタンなども表示させることで、高齢者にも使えるように配慮されている。

 企業や団体などの法人向けのサービスとしてスタートし、初年度は3000人、2年目に1万人のユーザー獲得を目指す。ウエアとウエアに取り付けるトランスミッターはそれぞれ1万円で提供し、サービス利用料は未定だが、「限りなく無料に近い形で提供したい」(東レ)という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。