ビジネス

疲れたら着る服 ロボット工学に基づいたハイテクウエア

 EC、AI(人工知能)、スマートウオッチなど、テクノロジーとファッションの結びつきが強くなっている昨今だが、このたび米シリコンバレーのスタートアップ企業サイズミック(SEISMIC)がロボット工学に基づくハイテク素材ウエアを発表した。“着脱可能な筋肉”ともいうべきウエアで、年末までにECでの発売を予定している。

 サイズミックを率いるリッチ・マホーニー(Rich Mahoney)創業者兼最高経営責任者(CEO)は、米SRIインターナショナル(SRI INTERNATIONAL)のロボット工学部門のディレクターとして、米・国防高等研究計画局のプロジェクトで軽量人工筋肉の開発に従事していた。その後、サイズミックを立ち上げ、現在までに2250万ドル(約24億9750万円)の資金を調達している。

 サイズミックのウエアは、体にぴったりと密着するレオタードのようなデザインで、アンダーウエアとしての着用を目的としている。ウエアの大腿部と腰背部に装置が内蔵されているため重量は2.5kg。通常の衣服としては、まだまだ軽量化の改善が求められているという。使用されているファブリックは、柔軟性と機能性に富んでいる。ファブリック自体が筋肉のように収縮、弛緩するので、体の安定を助け、ユーザーの身体機能をサポートする。終日の立ち仕事やトレーニングの後など、筋肉疲労を感じた時にこのウエアを着用すれば、体の負担が軽減されるという。「このウエアは筋肉をサポートする腱のような働きをする。筋肉に負荷がかかると、ファブリックがその負荷を吸収する仕組みだ」と同CEOはいう。

 このウエアはユーザーの姿勢や動作に合わせて自動的に強度を調整する機能を備えている。サイズミックはこの機能を“共生機能(Symbiosis)”と呼んでいる。また、このウエアは使用状況の強度を数値化でき、Wi-Fi 、LTE、ブルートゥースを介してスマートフォンのアプリにデータを送信でき、ユーザーはモバイルアプリで強度を調整することもできる。

 ヘルスケア産業でも引き合いがありそうだが、同社は通常の衣服としてアパレル業界で売り出すという。同CEOは「これは着用できるロボットではない。あくまで服だ。われわれの使命は機能性の高い服を作り、人々が快適で自分らしい毎日を過ごせるよう応援することだ」と語る。

 年末の発売を予定しているが、今までに類を見ない商品となるため、マーケティングやサービスの充実など、消費者との関係構築のためにやるべきことが山積みだ。アパレル企業との業務提携も模索している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。