ファッション

「フェラガモ」がアイコン“ガンチーニ”をテーマにポップアップ スタイリスト大草直子らによるイベントも

 「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」は10月24~30日、ブランドのアイコンモチーフであるガンチーニをテーマにしたポップアップストアを伊勢丹新宿本店本館1階で開催する。

 注目アイテムは、ポール・アンドリュー(Paul Andrew)=クリエイティブ・ディレクターが就任後に初めて手掛けたハンドバッグ“フェラガモ ステューディオ バッグ(FERRAGAMO STUDIO BAG)”。従来よりもコンパクトになったミニサイズ(高さ18cm、幅21cm、マチ10cm、17万円)をはじめ、シアリングやヘアカーフといった秋冬らしい素材を用いたモデルから新色まで、2018年秋冬シーズンのフルラインアップをそろえる。その他、ガンチーニを新たな解釈で表現したハンドバッグや財布なども展開する。

 また期間中、スタイリストの地曳いく子や大草直子がスタイリングを伝授するイベントも開催する。大草によるスタイリングイベントへの参加はメールでの抽選制となる。

■Salvatore Ferragamo 2018 AW Leather Collection
日程:10月24~30日
場所:伊勢丹新宿本店本館1階 ハンドバッグ/プロモーション
住所:東京都新宿区新宿3-14-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら