ファッション

エスティ ローダー グループが乳がん啓発キャンペーンでニコライ・バーグマンとコラボ 清水寺もピンクに染める

 エスティ ローダー グループ(ESTEE LAUDER GROUP)は10月、毎年行っている乳がんキャンペーンを行う。26年目の今年は“大切な人に伝えたいメッセージを花に託して”というテーマのもと、ニコライ・バーグマン(Nicolai Bergmann)=フラワーアーティストが率いる「ニコライ・バーグマン フラワー&デザイン(Nicolai Bergmann Flower & Design)」とコラボレーションする。

 10月2〜8日には南青山のニコライ バーグマン フラワーズ&デザイン フラッグシップ ストアを「ピンクリボン フラワー カフェ」としてオープン。オリジナルのピンクドリンク「ジュース オブ ホープ(Juice of Hope)」(750円)や「ピンクリボン限定 オリジナル フラワーボックス」(生花4000円、ブリザーブドフラワー9000円、売り上げの一部を寄付)の販売や、店内に飾られる花はピンクを基調としたもので、テーブルなどには乳がんに関するさまざまな知識やデータが貼られる。

 グループは毎年、ランドマークをピンクにライトアップして乳がんキャンペーンを盛り上げており、今年も1日に東京スカイツリー、東急プラザ銀座をライトアップ。清水寺では1日まで、ニコライ・バーグマンによるフラワーインスタレーションを展示していた他、ライトアップを28日まで行う。

 また、1日からはグループの8つのブランドで支援製品を数量限定で発売中だ。アイシャドウやリップなど4アイテムがセットになった「エスティ ローダー パワフル ピンク カラー コレクション」(7000円)やピンクのフレグランス「ジョー マローン ロンドン レッド ローズ コロン」(1万6000円)などをそろえる。売り上げのうち本体価格の5%をが米国乳がん研究基金(BCRF)やJBCRG(Japan Breast Cancer Research Group)などに寄付し、医療研究に役立てられる。

 乳がんは女性の中で一番多いがんと言われており、現在の日本人女性の発症率は11人に1人ともいわれる。また、日本の乳がんの60%がセルフチェックにより発見されていることもあり、日本法人であるELGCのスー・フォックス(Sue Fox)社長は「このキャンペーンは乳がんに対する意識を高めるためのキャンペーンだと思っている。自分で触診をしたことがないという人は多い。早期発見に励んでもらうことを大事に考えている」とアピールした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。