ファッション

“半端ない”!“仕方ない”!食パンって? 新たな専門店が神奈川にオープン

 新たな食パン専門店「午後の食パン これ半端ないって!」が9月15日、神奈川県相模原市にオープンする。販売するのは、“午後のおやつに食べてほしいケーキのような食パン”。トーストせず、生のまま手でちぎって食べたときに、“半端ないおいしさ”が味わえることをコンセプトにした。

 商品は、プレーンの“半端ない熟成”(800円)とレーズン入りの“仕方ない午後”(980円)の2種。“半端ない熟成”は、半端ない熟成感と全国各地で厳選した小麦や塩、バター、生クリームを使用し、耳まで柔らかく、滑らかな口どけに仕上げた。“仕方ない午後”は、「この食パンのためなら午後を棒に振ってもかまわない」という意味合いからネーミング。それを現実にするために、“半端ない熟成”の素材をベースに、華やかな味わいのサンマスカットレーズンをアクセントに加えた。

 運営するのは、OA機器の販売・施工・運用・物流を手掛けるクラスティ(CLASTY)。今年3月には、神奈川県・大和市に南国テイストのコッペパン専門店「ジャスティ(Justy)」をオープンした。

■午後の食パン これ半端ないって!
オープン日:9月15日
時間:10:00〜18:00 ※売り切れ次第終了
定休日:月曜日
住所:神奈川県相模原市緑区橋本2-17-21 AYAビル1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら