ファッション

コッペパンに粉雪降る!? 北海道の食材を使った専門店が練馬にオープン

 新コッペパン専門店「豪雪堂」が7月14日、練馬にオープンする。「豪雪堂」は北海道北見市の特産物の玉ねぎや、名物の北見焼肉を用いたコッペパンメニューをラインアップする。

 看板商品は粉糖をふりかけたフルーツと生クリーム入りの“豪雪コッペ”(280円)。その他に、“北見ハッカショコラ”(240円)や“北見玉ねぎ焼きそば”(390円)、具材を挟んで揚げる“北見玉ねぎの揚げカレー”(340円)、“きたあかりのゴロゴロじゃがバター”(420円)、“北見生だれ焼肉”(420円)など、揚げコッペを含む27品をそろえる。コッペパンは全て、店舗近くの自社工房で毎日焼き、オーダー後に具材を挟む。

 運営するのは、練馬区で医療介護・就労継続支援事業を行うアイラスグループ。加藤奈穂・代表が北見市出身であることから、親しみやすいコッペパンをメーンに、故郷の食材を広めようとオープンに至った。

■豪雪堂
時間:10:30〜19:00
住所:東京都練馬区練馬1-12-11
定休日:不定休

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら