ファッション

パンドラCEOが引責辞任 400人のリストラも

 デンマーク発のジュエリー企業パンドラ(PANDORA)のアンダース・コーディング・フリス(Anders Colding Friis)最高経営責任者(CEO)が8月末に引責辞任する。後任は未定。同社は9月に元ザ・ボディショップ(THE BODY SHOP)CEOのジェレミー・スチュワーツ(Jeremy Schwartz)を最高執行責任者に迎える予定で、アンダース・ボイヤー(Anders Boyer)最高財務責任者とともに、新CEOが決まるまで共同で経営する。

 辞任は人員整理の一環で、今年新たな工場を設立したタイの従業員200人を含む約400人を解雇する。

 原因はブランドの代表であるチャーム製品の売り上げ低迷だ。2018年4~6月期の売り上げは前年同期比7%減で全体の53%だった。一方、ブレスレットは同11%増で19%を占める。イヤリング、リング、ネックレスは過去5年間毎年28%増で成長してきており、全体の27%だった。

 パンドラはチャーム以外のアイテムに注力し始めているが、市場の変化に対応しきれていない。コーディング・フリスCEOは「消費者はシンプルなデザインを好むようになっており、われわれの予測よりも需要が低かった」と語った。

 中国ではECが好調で、価格を15%ほど下げるなどの策が当たり、現地通貨ベースで同29%増だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら