ファッション

カール・ラガーフェルドの愛猫やシャンシャンもモチーフに 仏ジュエリー「ナッシュ」

 フランス発ポーセリン・ジュエリー「ナッシュ(NACH)」を手掛けるデザイナー姉妹がゴールディ アッシュ・ぺー フランス(GOLDIE H.P. FRANCE)の店舗イベントのために来日した。同ブランドは、ナンシー・コッシュ(Nancy Koch)とナディア・コッシュ(Nadia Koch)の姉妹が2011年に設立。伝統的なポーセリン加工技術を用いた動物モチーフのアクセサリーを提案している。モチーフはカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)愛猫のシュペット(Choupette)から上野動物園の人気パンダのシャンシャン(Xiang Xiang)までさまざま。職人が手作業で描くユーモラスな表情が魅力だ。価格も1万円程度からと手ごろで、夏気分を盛り上げるにはぴったり。現在ではバッグやTシャツなどアパレルのカテゴリーも増え、ブランドの世界観が広がっている。来日は4年ぶりというナンシーとナディアに話を聞いた。

WWD:今回の来日の目的は?

ナディア・コッシュ(以下、ナディア):日本のファンとの交流が目的。前回来日した時もたくさんの人が会いに来てくれてうれしかった。シャンシャンも見たいけど、すごい行列だって聞いたから無理かもしれない。

WWD:動物の種類は今、どれくらい?

ナンシー・コッシュ(以下、ナンシー):全部で約200種類。その9割が動物で残りは花や葉、フルーツなどのモチーフ。猫や犬をはじめレッサーパンダやメガネザルなど珍しい動物も。

WWD:人気の動物やアイテムは?

ナディア:フランスではヒョウのピアスやリングが人気。日本では、圧倒的に猫が人気。招き猫なども作っていて、約10種類ある。

WWD:ナンシーとナディアの役割は?

ナディア:ナンシーがデザイン面を担当していて、ブランドイメージやビジュアル、カタログなどの写真撮影ほかクリエイション全般を行っている。私はビジネス面を担当していて、プロダクションのマネジメントから経理までみている。

WWD:アトリエには何人くらい職人がいる?

ナンシー:20人いて、動物の表情をペイントする職人は4人。表情については動物園に職人を連れて行ったり、アドバイスもする。とても小さな筆で描くので1年以上の研修が必要よ。

WWD:洋服が新カテゴリーとして増えたが?

ナディア:Tシャツはオーガニックコットンを使用していて、ナンシーが描いた動物モチーフを載せている。「ナッシュ」のシグニチャーであるポーセリンのテントウ虫がアクセント。ゆくゆくはクッションやテーブルウエアなどのホームコレクションを作りたい。

WWD:日本で必ず食べるモノや買うモノは?

ナディア:フランスにないもの。おにぎりはまるで、フランスで典型的なサンドウイッチの“ジャンボン・フロマージュ”のようで大好きよ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら