ファッション

「ナイジェル・ケーボン」のアウターリミッツが新たに2ブランドの取り扱いを開始

 「ナイジェル・ケーボン(NIGEL CABOURN)」や「フィルソン(FILSON)」など、ワークやミリタリーをモチーフとした5つのブランドの輸入総代理店を務めるアウターリミッツ(OUTER LIMITS)は、2019年春夏から新たに「アーバー(ARBOR)」「マック・プロビジョンズ(MACK PROVISIONS)」の2ブランドの取り扱いを開始する。同社が大阪・南堀江で直営するショップ、1415+2(ONE FOUR ONE SEVEN)で販売する他、セレクトショップなどに卸も行う。

 「アーバー」は、スノーボードやスケートボードに強いロサンゼルスのアウトドアスポーツブランドで、フィルソンの元社長が相談役として同ブランドをサポートしていることが縁でパートナーシップの打診があったという。柴山一加・営業マネジャーは「エクストリームやストリートだけではない、私のような50代でもできるスケートボードの世界観を打ち出したい。ネルシャツにダウンベストを重ねてスケボーするような、大人のアウトドアスタイルとして訴求したい」と語る。価格はTシャツ5500円~、シャツ1万6500円~、ブルゾン2万9000円~、パンツ1万6500円~、キャップ5500円~で、「19年春夏はグラフィックアイテムが多いが、今後は日本市場の声もフィードバックしながら、日本では縁遠く見えているアウトドアとスケートボードをくっつけ、“スケボー=若者”のイメージを打破したい」と続けた。

 「マック・プロビジョンズ」は、柴山マネジャーが「インスタグラムで見つけた」というアラスカ州のレザーグッズブランドだ。ビンテージの野球グローブやレザーブーツをリメイクして、財布(2万3000円)やカードケース(9500円)などを製作している。野球好きなマイケル・マック(KC Michael Mack)デザイナーが全て1人でハンドメードしている。

 アウターリミッツが国内の独占輸入販売権を持つ5ブランドのうち、4つが欧州ブランドだったが、「『フィルソン』に加えて米国ブランドを2つ増やすことで、バランスを図りたい」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。