ファッション

「スック」の2018年秋は“花鳥風月”がテーマ 新感覚のリキッドアイシャドウ登場

 「スック(SUQQU)」は8月3日、日本の美を指す“花鳥風月”と、それを愛でる感性をテーマにした秋の新作を発売する。アイテムには日本の自然や景色の色を落とし込んだ。

 新リキッドアイシャドウ「グロウ タッチ アイズ」全6色(各3700円)は、高粘度のテクスチャーでふっくらと厚みのある膜と艶を長時間保つ。ロングステイフィルム採用でよれにくく、ホホバオイルやローヤルゼリーエキスなど4種の保湿美容成分で乾きにくくした。カラーは星空のようなシャインシルバー「銀空」や大地を表現した限定色アースレッド「照朱」など、景色から着想を得ている。

 人気の4色アイシャドウパレット「デザイニング カラー アイズ」には新3色(各6800円)が登場。夕日が沈む情景をイメージしたオレンジ、ブルーの「夕茜」、紅葉をレッドとブラウンで表現した「深楓」、コスモスと緑をイメージさせる限定パレット「涼秋桜」がそろう。

 チーク&ハイライターの「ピュア カラー ブラッシュ」限定2種(各5500円)、リップスティック「モイスチャー リッチ リップスティック」限定3色(各5000円)、「ネイル カラー ポリッシュ」限定3色(各2500円)も自然の情景や草花を表現したカラーとなっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。