ファッション

「ヘザー」と「エチュードハウス」がコラボイベント 花火大会に合わせ浴衣に似合うヘアメイクを提案

 アダストリアのウィメンズブランド「ヘザー(HEATHER)」は8月1日、韓国発メイクアップブランド「エチュードハウス(ETUDE HOUSE)」とのコラボイベントを、大阪市・天王寺の天王寺ミオで実施する。

 「ヘザー」のウェブメディア「ヘザー ダイアリー(Heather diary)」では、2018年春から「エチュードハウス」とのコラボ連載を掲載。トレンドのファッションに合うヘアメイクやメイクアップのハウツー動画を配信して、人気のコンテンツになっていることから、今回イベントを開催することになった。

 イベント当日は大阪で花火大会が開催される予定で、ヘアメイクアップアーティストと「エチュードハウス」のスタッフが浴衣に合わせたヘアメイクアップサービスを行う。

 7月31日までに、天王寺ミオの「ヘザー」で3000円(税込)以上、「エチュードハウス」で2000円(同)以上、購入者それぞれ先着10人にイベント参加券をプレゼントする。

 「ヘザー」は、ガーリッシュでほどよくエッジの利いたアイテムをベースにトレンドをミックスして提案し、国内56店舗を展開する。「エチュードハウス」はユニークでスイートな商品をラインアップし、国内24店舗、韓国を含む海外550店舗を展開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら