ファッション

クリスタルチャームが輝きを添える「スック」誕生15周年限定コレクション

 「スック(SUQQU)」は9月7日、ブランド誕生15周年を記念した限定コレクションを発売する。建築や現代美術などでも活躍する吉岡徳仁デザイナーがプロダクトデザインを手掛けると共にコンセプトを考案した。女性を最も美しく見せるオレンジとピンクに絞り、“美の衝撃”をテーマに全て同系色のカラーパレットとミニリップスティックを発表した。

 同系色のカラーのみをそろえた「2018 15th アニバーサリー カラー コンパクト」(2種、各7000円)は、処方、質感、発色が異なるアイシャドウ3色、チーク1色を組み合わせた。色を重ね合わせることで彩度に奥行きが生まれ、立体感を演出する。限定5色の「2018 15th アニバーサリー リップスティック」(各3500円)は、艶感を追求し続けた「スック」としては初めてのセミマットな仕上がりが特徴。クリスタルパールを少量配合し、くすみや色ムラなどのエイジングサインを目立たなくしながらカバーする。

 柔らかいゴールドカラーのパッケージには琥珀色のスワロフスキークリスタルチャームを添え、15周年コレクションの特別感を演出している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら