ニュース

「グッチ」がアンゴラの使用廃止 ファーフリーの一環で

 「グッチ(GUCCI)」がリアルファー使用廃止の一環で、アンゴラを使用しないことを決めた。2018年春夏シーズンから飼育・野生を問わず、ミンク、フォックス、ラビット、カラクール、ラクーン、カンガルーを使用しないと発表していたが、これにアンゴラが加わった。

 アンゴラは毛皮ではなく、アンゴラウサギの毛を刈り取って使用する獣毛素材の一種だが、動物愛護団体の「動物の倫理的扱いを求める人々の会(通称:PETA)」によるとアンゴラの90%が中国産だという。「中国は動物虐待に関する罰則や、動物に対する適切な対応を促す規則が整備されていない国。セーターを買ってアンゴラが含まれていたら、原産国がどこと書いてあってもアンゴラは中国産であることが大半だ」と主張する。アンゴラの使用を廃止しているのは「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」などを含む330ブランドにおよぶという。

 「グッチ」がアンゴラを廃止するのは17年末に決まっていたものと推測されているが、経営陣からコメントは得られなかった。