ファッション

フェイクファーとリアルファー、どちらが正解? 話題のトピックスを再考

 “ファーフリー”がトレンドになっていることを受けてか、先日、「フェイクファーとリアルファー、どちらを選ぶべき?」という趣旨の取材をあるファッション誌から受けた。結論から言うと、「デザインが気に入って、着ていて心地よいと思う方を選べばよいのでは?そもそも“正解”はなく、さまざまな背景を知ったうえで、各自が“答え”を出せばいいと思います」と答えたが、私自身もファーフリーだけではなくサステイナビリティーやエシカルについて考える機会を得て、あらためてもっと知りたいと思った。

 すでに、ブランド、企業として“ファーフリー宣言”をしたのは「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」「ギャップ(GAP)」「ユニクロ(UNIQLO)」「H&M」、アルマーニ・グループ(ARMANI GROUP)、「スナイデル(SNIDEL)」や「ミラ オーウェン(MILA OWEN)」を擁するマッシュ・ホールディングス(MASH HOLDING)などで、ラグジュアリー・ブランドから有力グローバルSPAまでがすでにリアルファーの使用を廃止している。さらに17年10月、今をときめく「グッチ(GUCCI)」が、18年春夏シーズンから一部を除きリアルファーを廃止することを発表したことが大きなインパクトを与えた。その後、「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」や「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」も続いている。また、先日行われた「ジバンシィ」18-19年秋冬のファッションショーでは、リアルファーと見間違えるほどクオリティーの高いフェイクファーコートが登場し強く印象を残した。

SNSを騒がせた生きたまま毛皮を剥ぐ映像についての検証

 ファーフリーに向かう大きな波が押し寄せ、リアルファーがやや劣勢と感じることがあるが、そもそもこの流れは、「リアルファーが悪」のような投稿がSNSを騒がせていることにも関係しているように思う。私自身も3年半前に「ファッションにおけるサステイナビリティーとは何か」という特集に取り組んでいた時に、リサーチをする中でたまたま生きたまま動物の毛皮を剥ぐショッキングな映像を見つけた。しかし最近、服部宏久・日本毛皮協会理事長にインタビューした際「これは、とある動物愛護団体が生きたまま動物を剥ぐなどのやらせ映像を中国で制作し、SNSで拡散したもの。そもそも毛皮専門業者は、毛皮を痛めるのでそういったことはしない」と断言した。そうした情報を持たない当時の私は、それを信じ込んでしまった。多くの人も同様に信じてしまっただろうし、「毛皮は悪」という印象を持ってしまったのではないかと思う。ソーシャルメディアの発達とともに、消費者への直接的なアプローチが可能になったことで、よりいっそう情報が氾濫するようになったが、それを受け取る側はどの情報を信じるかも問われる時代になったと感じた出来事だった。

 一方で、岡田千尋・認定NPO法人アニマルライツセンター代表理事は、「(やらせ映像である)証拠がない。生きたまま毛皮を剥ぐ事例はある。04年頃、その現状を暴いたことで各国メディアがトップ記事で報道した。日本でも話題になり始めたのは05年頃のこと。その後、韓国メディアは10年に生きたまま毛皮を剥ぐシーンを含めた調査映像を公開したり、ドイツのメディアが14年にドキュメンタリー映画を制作したりもしている。生きたまま毛皮を剥ぐのは主に中国で今でも行われており、道端で行われるほど日常的なことになっている。電気ショックや、叩いて気絶させてから剥いでいるが、中には気絶していない状態で剥がされる動物もいる」と反論する。また、「ラグジュアリー・ブランドがファーフリー宣言を始めたのはここ数年のことだが、『ユニクロ』は日本で話題になり始めてすぐの06年に、すでにファーフリー宣言をしている」と続ける。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら