ニュース

「シュプリーム」 × 「ナイキ」からフレイムパターンが特徴のダッドスニーカー

 「シュプリーム(SUPREME)」は6月16日、「ナイキ(NIKE)」とのコラボスニーカー“エア ストリーク スペクトラム プラス(AIR STREAK SPECTRUM PLUS)”を発売する。

 トレンドのダッドスニーカー風のたたずまいは、「ナイキ」のランニング用スニーカー“エア ストリーク”シリーズの初期モデルがベース。アッパーのメッシュ部分にはフレイムパターンが採用され、シュータンには両ブランドのロゴが、ヒールにはリフレクト加工が施された世界地図が、ソールには高反発クッショニング“ズーム エア ユニット”を搭載していることを示す“Zn”のロゴがあしらわれている。

 価格は160ドル(約1万7000円)で、「シュプリーム」旗艦店とドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)およびオンラインストアなどで取り扱う予定だ。