ビジネス

エリザベス女王の誕生日パレード開催 ジョー・マローン、シャーロット・ティルブリーが叙勲者リストに

 エリザベス2世(Queen Elizabeth以下、エリザベス女王)の92歳の公式誕生日を祝う毎年恒例のパレード「トゥルーピング・ザ・カラー(Trooping the Colour)」が6月9日にロンドンで開催された。同式典は1748年に英国君主の公式誕生日祝賀式と軍旗分列行進式をひとつにまとめて開催したのが起源で、エリザベス女王の実際の誕生日は4月21日だが、伝統的に毎年6月に開催されている。今年も女王をはじめとする英国王室関係者一同が会し、華やかなパレードが行われた。

 5月にサセックス公爵ヘンリー王子(Prince Henry, Duke of Sussex)と結婚したサセックス公爵夫人メーガン(Meghan Duchess of Sussex)は同式典に初めて参加。「キャロリーナ ヘレラ(CAROLINA HERRERA)」のローズピンクのオフショルダードレスと「フィリップ トレーシー(PHILIP TREACY)」のハットを着用し、他の英国王室のメンバーと共にバルコニーに姿を見せ、式典に集まった人々に手を振った。一方、ケンブリッジ公爵夫人キャサリン(Kate Duchess of Cambridge)は「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」によるペールブルーのスクエアネックドレスを着用していた。

 また、さまざまな分野から英国に貢献した人々を称える2018年の英国女王誕生記念叙勲者リストも発表された。今年は1057人がリストに載り、約半数が女性だった。自身の名を冠した香水ブランドを手掛けるジョー・マローン(Jo Malone)やメイクアップアーティストで自身のコスメブランドも手掛けるシャーロット・ティルベリー(Charlotte Tilbury)、タンニングブランド「サン トロペ(ST. TROPEZ)」創業者のジュディ・ナーク(Judy Naake)、英ビューティ業界の非営利団体CEW(COSMETIC EXECUTIVE WOMEN)のプレジデント兼共同設立者のキャロライン・ネヴィル(Caroline Neville)など、今年はビューティ業界で活躍した人物が多くリストに載った。

 その他、女優のキーラ・ナイトレイ(Keira Knightley)、エマ・トンプソン(Emma Thompson)、俳優のトム・ハーディ(Tom Hardy)も同叙勲者リストに載っていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら