ファッション

内田理央が「ゲラン」の新作香水イベントに登場 香りをまといたくなる瞬間とは?

 モデルで女優の内田理央が「ゲラン(GUERLAIN)」のフレグランス「アクア アレゴリア」シリーズの新作発売を記念し、ルミネ新宿2のフラッグショップ(FLAG SHOP)内にオープンしたポップアップストアの初日イベントに登場した。

 香りのある生活が好きで、朝出かける前に香水を身につけるという内田は、「スイッチが入ります。こういう緊張する場面でも、嗅ぐだけで和らぐ」とコメント。しかし、今朝身につけた香水を問われると「今日は無臭です」と会場を湧かせた。

 ポップアップストアは、iPadを使って好みのカラーや香りの素材などを選択すると、おすすめの香りを提案する “アクア アレゴリア コンサルテーション”を体験できる点が特徴。内田には「パッシ フローラ」が提案され「夏は爽やかな香りがぴったりだと思うが、これはパッションフルーツの香りがさっぱりしている」と笑顔を見せた。

 新作はパッションフルーツの香りが爽やかな「パッシ フローラ」と、ローズとライチやカシスがみずみずしい「ローザ ロッサ」の2種類。その他、会場では既存5種類やブランド誕生190周年を記念した復刻製品3種類も販売する。価格はすべて75mLで8200円。

 ポップアップストアは30日までで、期間中に来店すると内田が体験した診断サービスを受けることができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら